コンビニの食品は本当に危険なのか?


今回は今までの記事と少し主旨を変えて、「コンビニの食品」について解説します。

基本的に、コンビニの食品を買うことはしません。理由は添加物が多すぎて食べる気がしないからです。

でも、コンビニでも探せば意外と良い商品がありますので、それをいくつかご紹介します。

ということで、私の家から一番近くにあるコンビニの「セブンイレブン」に行っていくつか良い商品を探してきました!

1、玄米ご飯
これは意外だったのですが、ちゃんとした玄米ご飯が売ってました!

日本人の主食はやっぱりお米!栄養価でいうと、白米なんかより当然、玄米ですよね。

この商品のポイントとしてはちゃんと「新潟県産のコシヒカリ」と表記があることです。

「産地」と「品種」が明記されてます。そして、原材料表を確認すると「うるち米」と書いてます。

コンビニの「お米」というと、2個パックくらいになって、カレーとかのコーナーに一緒に置いてある、冷蔵のご飯があります。

でも、あれは原材料みると、「植物性油脂」と書いてるんですよね。つまり油が入ってるんですね。恐らく、米の見た目や艶を良くするため、お米の粒がバラけるのを防ぐ為‥といろいろと理由はあると思います。

でも、お米と一緒に余計な油はとりたくありません。しかも、「植物性油脂」って、出所不明な良く分からない油なんて、絶対に食べたくないですね。

コンビニでお米を買うときは、必ず原材料表をみてくださいね!まあ、お米に限らず、何か食品を買うときは必ず原材料表をチェックしてください。

2、ぶり大根の缶詰

原材料表を確認すると、「天然ぶり」とあります。つまり、養殖じゃなくて天然のぶりを使ってるみたいですね。これは凄い!

また、この「缶詰」という点がポイントです。缶詰にしてる時点で保存がきくんですよ。

だから、化学添加物が少なめでも問題ないです。このぶり大根の缶詰も、原材料を見ると化学添加物はたったの一個だけで「増粘剤」が入っだけ。

あとは、ちゃんとした昔ながらの調味料を使ってるのが高評価です。

醤油・砂糖・みりん・焼酎・ねこんぶだしなど。ちゃんとダシをとってるのも凄い!

化学調味料も不使用で、「酵母エキス」とか、そういったうま味調味も入ってないわけです。

自然の甘みだけで作られた缶詰のブリ大根です。

‥と、まあひとりでコンビニで興奮してしまいましたが(笑)

最近は、コンビニでも探せば良い商品があります。

とは言え、90%くらいの商品がおすすめできませんが、でも探せば良い商品もありますよ。

あと、前回の記事で食材宅配サービスの安全性やメリット・デメリットを書きました。

食材宅配サービスは、コンビニやスーパーに比べて「食の安全」にこだわった会社が多いので、実はオススメです。

例えば、私が住んでいる兵庫県だけでもこれだけの食材宅配サービスがあります。凄いですね。これだけニーズがあるわけです。

ぜひ、ご自分にあったサービスを使ってみてください。コンビニはオススメしません(汗)